スマホアプリでお金を借りる画像

スマートフォンのアプリの中には、お金を借りることができるものもあります。

「金欠でピンチなので借入したい!」という人の中には、そうしたアプリが気になっている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、お金を借りることが可能なアプリの中から、もっともおすすめなものを5つ紹介していきます。

また、筆者がその中のひとつへ、実際に申し込みして融資を受けてみましたので、その時の様子もお伝えしています。

お金をアプリで借りるならこの5つがおすすめ!

お金をアプリで借りたいなら、次の5つのアプリがおすすめです。

この5つは大手消費者金融のアプリであり、アプリ上で融資が完結します。

融資までのスピードも早く、最短だと即日融資が可能です。

次のように無利息サービスのある会社もあるため、サービス期間中は利息が発生せず、その分だけ利息を少なくできるというメリットもあります。

業者名 無利息サービス
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
プロミス 借入日の翌日から30日間
レイクALSA ・契約日の翌日から180日間(WEB申込のみ。その他は30日間)
・契約日の翌日から180日間(借入額5万円まで)

それでは、次章から各アプリについてもっと詳しくお伝えしていきますね。

アコムの「アコムナビ」はココがすごい!

アコムのアコムナビには以下のような機能があります。

  • 書類提出をスマホから可能
  • インターネット借入&返済が可能
  • 動画で申し込み手順やサービスの説明、借入・返済方法を確認できる
  • ローン計算で月々の返済計画を確認できる
  • アコムATMを検索可能
  • アプリから会員サイトにログインできる

特に、書類提出をスマホ上で済ませられるのは非常に便利です。

アプリのカメラ機能を利用し、書類を撮影すれば良いだけですので、スピーディーに済ますことができます。

アイフルの公式スマホアプリはココがすごい!

アイフルの公式スマホアプリは、以下のようなサービスが利用できます。

  • 「運転免許証の読取り機能」を使えば、氏名・生年月日・住所の手入力が不要
  • セブン銀行のスマホATMから、原則24時間365日借入と返済ができる
  • インターネット借入&返済ができる
  • 借入できそうか1秒で診断可能
  • アプリ上から書類提出できる
  • 返済シミュレーション機能あり
  • アイフルの店舗検索
  • 取引状況の確認

特に、運転免許証の読取り機能がとても便利です。

運転免許証をアプリに読み取らせれば、氏名・生年月日・住所の手入力が不要になりますので、申し込みを簡略できます。

プロミスの「アプリローン」はココがすごい!

プロミスのアプリローンには、以下のような機能があります。

  • セブン銀行のスマホATMから、原則24時間365日借入と返済ができる
  • 申し込み時に入力サーポートがついている
  • 本人確認書類と収入証明書類の提出機能
  • インターネット借入と返済ができる
  • 返済シミュレーション
  • 増額申し込み
  • 会員サイトへのログイン
  • 利用情報の照会
  • 店舗・ATM検索
  • アプリ限定「アプリdeクーポン!」などおトクなクーポンを入手できる

プロミスのアプリローンの場合、他社よりもできることが多いという印象です。

申し込みや書類提出機能、会員サイトへのログイン、返済シミュレーション、スマホATMといった様々なサービスがアプリひとつで利用できるため、使い勝手が良いです。

SMBCモビットの公式スマホアプリはココがすごい!

SMBCモビットの公式スマホアプリでは、次のようなことができます。

  • オンラインで本人確認が可能
  • セブン銀行のスマホATMから、原則24時間365日借入と返済ができる
  • インターネット借入&返済が可能
  • 指紋認証でオートログイン可能
  • 書類を撮影するだけで書類提出ができる
  • 会員専用サービス「Myモビ」の一部機能が使える
  • 増額審査への申し込みが可能
  • 利用状況を確かめることができる

SMBCモビットの公式スマホアプリは、アプリ上で「本人確認」ができるとい独自の機能があります。

本人確認は通常電話にておこないますが、SMBCモビットのアプリであれば、アプリのカメラ機能を利用して、オンラインで済ますことが可能です。

レイクALSA の「e-アルサ」はココがすごい!

レイクALSA のe-アルサには、次のような特長があります。

  • セブン銀行のスマホATMから、原則24時間365日借入と返済ができる
  • 必要書類はスマートフォンのカメラ機能で提出可能
  • 会員サービスの機能をアプリ上で利用可能
  • 生体認証で簡単にログインできる
  • 借入れ診断を受けられる

e-アルサの最大の特長は、スマホひとつで、レイクALSAと取引ができることです。

セブン銀行のスマホATMを利用できますので、借入と返済をスマホだけで完結することができます。

【超簡単!】アプリでお金を借りるのはこんな感じだった!

アプリでお金を借りる流れ

ここからは、大手消費者金融のアプリでお金を借りる流れを解説していきます。

筆者が利用したのは、プロミスのアプリローンだったので、今回はアプリローンに申し込む際の流れをお伝えしていきますね。

プロミスのアプリローンの場合ですと、借入の手順は以下のような感じでした。

  • アプリをダウンロードする
  • アプリから新規申し込み&必要書類の提出
  • 審査~審査結果の通知
  • 契約
  • セブン銀行のスマホATMで借入

まずは、アプリを入手する必要がありますので、iPhoneの人は「App Store」、Androidの人は「Google Play」でダウンロードします。

アプリをダウンロードしがら、新規申し込みをクリックし、必要事項の入力と書類の提出をすることになります。

書類の提出はアプリのカメラ機能を利用するだけで良いので、非常に楽でしたね。

その後は審査をされ、審査は30分程度で終わりました。

審査通過後は契約をし、すぐに利用できるとのことでしたので、近所のセブンイレブンまで出向き、スマホATMから借入をしました。

借入までの時間は1時間とちょっとでしたので、とてもスピーディーに完了しましたよ。

スマホATMでの借入の流れ

補足として以下に、セブン銀行のスマホATMの利用方法も記載しておきましたので、参考にしてください。

  • プロミスのアプリにログイン
  • スマホATM取引を選択
  • セブン銀行ATMで「スマートフォン取引」を選ぶ
  • QRコードが表示されたのを確認
  • 出金を選ぶ
  • QRコードを読み取る
  • 企業番号とワンタイム暗証番号を確認する
  • セブン銀行ATMに企業番号とワンタイム暗証番号を入力
  • 借入金額を入力

ATM画面の指示どおりに手続していけば良いため、難しいことはひとつもありませんでした。

セブン銀行のスマホATMは、原則24時間365日利用できるため、ほぼすべての時間や曜日で利用可能です。

ただし、毎週月曜日の「0:00~7:00」はプロミスのメンテナンス時間であり、利用できないので注意しておきましょう。

借入は銀行振込でも可能!

プロミスのアプリローンは、銀行振込でも借入が可能です。

日本全国の約200の金融機関で、原則24時間365日振込ができますので、振込を希望すれば、自宅から一歩もでることなく、借入を完結させることができます。

現金を手元に得たいのではなく、口座へ直接入金して、お金借りたい場合は、銀行振込を選択するのがおすすめです。

大手消費者金融のアプリでお金を借りるときはこの3つに注意!

大手消費者金融のアプリでの借入はとても簡単ですが、以下の3つには注意しておいてください。

  • 審査には在籍確認がある
  • 総量規制の対象になる
  • 金利が高い

カードローン審査には在籍確認がある

大手消費者金融のアプリで融資を受ける際は、審査がありますのが、審査には「在籍確認」もあります。

このため、現在の勤め先に申込先から電話がかかってきます。

ただし、在籍確認は「非通知・担当者の個人名」でされるため、消費者金融からの電話だとバレる可能性は、ほぼないので安心してください。

総量規制の対象になる

大手消費者金融は貸金業者であるため、「総量規制」の対象です。

貸金業者とは、おもに消費者金融・信販会社・クレジット会社などの、お金を貸付けして利益を得る業者の中で、銀行のように預金による資金調達をしないものを指します。

総量規制とは、貸金業者の融資は借り手の年収の3分の1までという法律です。

大手消費者金融は総量規制の対象になるため、すべての貸金業者の借入と合計して年収の1/3までしか借入できません。

このため、すでに貸金業者から借入がある場合、新たな消費者金融で借入できる金額が少なくなります。

もし、貸金業者から借入が年収の1/3に達している場合は、審査に通りませんので注意してください。

消費者金融は銀行に比べて金利が高い

大手消費者金融は、はっきり言って金利が高いです。

業者名 金利(実質年率)
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
レイクALSA 年4.5%~18.0%

上記のように金利の上限が年18.0%付近になっているため、適応になる金利が高くなるケースがほとんどです。

大手消費者金融の場合、金利は審査によって決まりますが、新規契約時は上限付近になることが多くなっています。

このため、年18.0%付近という高い金利での借入になる可能性が高いです。

金利が高いと利息も多くなってしまうため、借入するときは事前にシミュレーションをして、じっくり考えてからおこないましょう。

各社のアプリや公式サイトには、シミュレーション機能がありますので、これを利用すれば簡単に、返済総額や毎月の返済額を確認できます。

お金を今すぐ借りるアプリ厳選5選まとめ

以下の大手消費者金融のアプリなら、アプリからお金を借りることができます。

  • アコム アコムナビ
  • アイフル 公式スマホアプリ
  • プロミス アプリローン
  • SMBCモビット 公式スマホアプリ
  • レイクALSA e-アルサ

どのアプリも申込手続は非常に簡単で、必要事項を入力し、書類をカメラで撮影するだけです。

申し込みしたら、あとは審査結果を待つだけで良く、審査も早ければ30分程度で終わるかと思います。

最短即日融資に対応していますので、今日中にお金を借りることも可能です。

Copyright© お金を今すぐ借りるアプリ厳選5選!スマホで即日借りたい人へ徹底解説! , 2020 All Rights Reserved.